予約サイトを2018年11月から変更しました。

ヨガをすると心が落ち着く理由は…

YOGAについて

こんにちは。浜田山駅徒歩1分ヨガ・ピラティススタジオ studio mukunokiです。

 

いまやヨガを始めようと思えばいつでも始められるほど身近になりましたね。
現在日本のヨガ人口は月1回以上行っている人でなんと590万人!!
1年以内にヨガを行った人は770万人とも言われています。
*参考資料:日本のヨガマーケット調査2017@YogaJOURNAL日本版 調査者: 株式会社セブン&アイ出版 

 

ヨガを始めた理由の多くは、運動不足解消・柔軟性を高めたいがトップ。
そして続けている理由としては、上記の次にストレス解消、気持ちが落ち着くから。が多いようです。

 

世界的にもヨガの偉大な効果を感じている&期待している方は多く、科学的に実証しようと研究が進んでいます。
日本も厚労省が「統合医療」としてヨガを認め、「統合医療情報発信サイト」に漢方・鍼灸・あんま・指圧なとと並んでエビデンスレポートが掲載されています。

 

今日はそんな大注目のヨガの秘密を少しご紹介。
ヨガをするとストレス解消になる、気持ちが落ち着くと答える方が多いのは、きちんとした理由があります。

1.ヨガ中意識的に行う”呼吸”も理由のひとつ。
2.神経がたくさん通っている脊柱・骨盤周辺をアーサナ(ポーズ)で動かしていくのも理由のひとつ。
3.さらには脳の中の働きにも理由がありました!

 

最近はチョコレートのパッケージでも見かける、これ↓ご存知ですか?

GABA(Gamma Amino Butyric Acid) 読み方:ギャバ

わたしたちの体内に広く存在する天然アミノ酸のひとつです。、GABAは主に脳や脊髄で「抑制性の神経伝達物質」として働いています。興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする役割を果たしているのです。
そのためGABAが不足すると興奮系の神経伝達物質が過剰に分泌するのを抑えることができなくなります。つまり、リラックスできずに精神的な緊張感が続いてしまうのです。

 

GABAは動物や植物内にもある天然アミノ酸ですので、発芽玄米や野菜・フルーツ、サプリメントなどから摂取が可能ですが、ヨガをすると増加するという研究結果があるのです!

なんと!!!!

米国ボストン大学の研究で、それぞれのグループにヨガと読書を1時間してもらい、その前後で脳内のGABA量の変化を測定しました。

①長期間ヨガをしている8人はヨガを。→脳内のGABAが27%増加*
②ヨガの経験のない11人には読書を。→脳内のGABAは変化がみられませんでした。

*どのスタイルのヨガにも同じような効果があったそうですが、長期間ヨガを実践している方がより高い数字が出たようです。またヨガに限らず他の運動でも増加するという報告もあるそうで、まだまだ研究が進められているようです。

 

運動不足も解消できて、リラックスもできるヨガ。
今日は身体が重くてヨガサボりたいなと思ったときに、こんなメリットも思い出してみて下さい 🙂

ヨガをやってみようか迷っている方も、ぜひ参加してみてくださいね!