ヨガとピラティスって違うの?

こんにちは。浜田山駅徒歩1分ヨガ・ピラティススタジオ studio mukunokiです。

今回はピラティスとヨガ、両方を学ばれているTomoko先生に「よくある質問」について書いていただきました。

 

「ピラティスとヨガってどう違うんですか??」

「ピラティスってヨガの種類だと思ってました!」

どこのスタジオでも、必ず聞かれる質問です。
現代は溢れるほどのエクササイズの種類があって、何がなんだか分かりませんよね(笑)
Tomoko
Tomoko
率直にお答えしますと、
『ヨガとピラティスは別物です!』
*ここでいう「ヨガ」とは、アーサナ(ポーズ)をとることです。


ピラティスの歴史はヨガに比べるとまだまだ新しく、1920年代にジョセフ・H・ピラティスさんという方が考案されました。
(ピラティスの成り立ちについてはまたの機会に)


別物です、というと、

「でもヨガもピラティスも似てる動きがありますよね?」

と仰る方がいらっしゃいます。


はい、そうですね!(笑)

別物だからと言って、敵対しているわけでも、それぞれを否定しているわけでもありません。


ヨガもピラティスも、

日々を健康に快適に過ごすことや、
人間の心と体を整えることを目的にしているのは同じです。


アプローチするのは同じ人間の体であって筋肉であって関節なので、似た動きも沢山あります。


目的は同じで、アプローチの仕方や得意分野が違うだけ。


どちらの方がいいとか、どちらが正しいとかではなく、どちらも大切なのです。


自分に必要なことを補えるものを取り入れて、より健康で快適になれればいいのだと思います。

私は両方やって良かったと思っています。

 

 

これは私の体験談ですが・・・

最初にヨガを始め、
柔軟性と心肺機能が向上しました。

次にピラティスに出会い、
体幹と、背骨のしなやかさ、体をコントロールすること、を手にいれました。

ピラティスで体幹が安定し背骨を動かせるようになったことで、
ヨガのポーズへの理解も深まり向上しましたし、
出来るポーズも増えました。

そしてヨガをやっていたからこそ、ピラティスの動きにも対応しやすかったのだと思います。

 

なので、これは私の個人的な意見なのですが。。。

Tomoko
Tomoko

ここが違うあそこが違うと、違いばかりにとらわれず、
共通点を見つけてどう生かせるのか、に意識を向けたほうがいいかと思います。

別物であることは受け入れつつ、
こことここは繋がるな、
と考えていくほうが楽しいですし生産的です。

人間関係も違いを探すより共通点を探したほうがうまくいきますよね(笑)

いいとこ取りしていきましょう!

次回はピラティスについてもう少し詳しくお話しします!

お楽しみに 🙂 

この記事を書いた人
Tomoko

ピラティス・ヨガの両方を学び、mukunokiをはじめとした都内スタジオでのレッスン、またプライベートレッスンで活動中。

Tomokoをフォローする