レッスンレポート【Bija yoga】

 

1月から新しくスタートしたSatoko先生の
毎週金曜日10:30〜11:45「Bija yoga」★〜★★

さっそくレッスンに参加して来ました!

 

まずは参加者の自己紹介や体調確認などをしてから、新しくスタートするクラスということでどんなことをするのかなど説明してくださいました。

 

スタートしたばかりのクラスということでアーサナ(ポーズ)の数は多過ぎず、古典的なヨガのテクニック”バンダ”をしっかりと体感しながら進んでいきます。

全身を動かし体が整った後は、ぞうの姿をした日本でも馴染み深い学問・商売の神様、ガネーシャのマントラをSatoko先生にリードされながら詠唱しました。

参加者の皆さんの

「初めて」、「私苦手分野かも…💦」

という声もありましたが、

satoko
satoko

アーサナも初めから出来たわけじゃないのと同じ。
恥ずかしがらないで大丈夫だよ。

 

というアドバイスでチャレンジされていました。

ハードに動いたわけではないのに、終わった後はじんわりと体の内から温まり、視界がすーっと開けたような感覚でした。

 

他のスタジオで継続的にヨガをされていた方は、

「こんなに体の使い方を丁寧教わったクラスは初めてです。」

と仰っていました。

 

特にこんな方にオススメ‼
・ヨガってなに?という初心者の方
・体の使い方を見直したい方
・ヨガをした後の気持ちいいが長く続けば…と願う方

1ヶ月同じマントラを練習するので、継続的に参加されるとよりgood!

 

 

クラス終了後、Satoko先生にインタビュー 🙂

 

mukunoki
mukunoki

今回スタートした「Bija yoga」のレッスンにはどんな思いが込められているのですか?

 

satoko
satoko

私自身ヨガの練習を続けている中で、「祈り」というものが加わったことで

HAPPYの軸がブレなくなりました。揺るがないものになったんです。

ヨガをする目的は健康になりたいとか、ストレスを軽減したいとか…人それぞれ違うと思いますが、その先はみんなHAPPYになりたいってことですよね?
私がその経験をしたからこそ皆さんにも見て欲しい、シェアしたい。
だからアーサナ(ポーズ)の練習から1歩踏み込んだクラスをしたいと思いました。

クラスの最中、日本人ならではの「いただきます」を例えに、「祈り」を解説されていたSatoko先生。よく海外に行かれるからこそ気づかれる日本の文化や生活に寄り添った例え話が分かりやすいと好評です。

気になった方はぜひ受講してみてくださいね 😀

 

Junko
Junko

実はこの後、一人で静かに食事をするというシチュエーションで
実験をしてみました。

【実験】どのように感じ方が変化するのか?
 ・意識的に「いただきます」を言ってから食事をする。
 ・なにも言わずに食事をする。


結果は・・・
「いただきます」を言ったときは感謝を言葉にしたからか、自然とよく噛みゆっくり食事をしていました。なにも言わなかったときは、次々口に食べ物を運んでしまい、あっという間に食事が終了。
食べたメニュー自体が違ったため、味の感じ方までは比較できませんでしたが、食後の気持ちもどこかゆったり落ち着いていました。

食事という同じ行為も、手を合わせる。「いただきます」と感謝を言葉にすることで感じ方は大きく変わるものです。
忙しい現代人こそ必要なものだと感じました。